--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2009’11.13・Fri

悲しい出来事


帰宅途中、何気なくいつもと違う道を通って帰ったら
猫が轢かれていました。
白黒の少し大きな猫。
もう顔はなく、どんな子だったのかわかりませんでした。
近くのセブンイレブンに行き、ゴム手袋と袋を買い
信号が赤になるのを待って、その子を集めました。
飼い猫が、脱走してしまったのか
野良ちゃんだったのか、近くを探しても首輪はありませんでした。
病院が開いたら、病院葬をして貰おうと思い
家に連れ帰り、抱いて階段を上がってたら
ほんの一瞬、フワッと温かくなった。
虹の橋に走って行ったのかな・・・。

コメント(7) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

すごい。…にゃあ太郎さんには、いつも頭が下がります。
私には同じことできない。
道路で猫が轢かれていると、触ることも見ることもできません。
遠くから気がつくと、そこを通ることもできません。
せめて、きれいな形のままでいられるように、
誰か端に置いてあげてほしいと思っても、
自分ではとても無理です。
だから、すごく尊敬します。その猫ちゃんも、最後に暖かい手に抱かれてよかった。


↓↓前の記事、甘えん坊源ちゃんがすごく幼くみえます。気のすむまで抱っこしてあげたくなりますね。

てんちゃんも、ママ大好きなんですね。
かわいい寝顔ですにゃ♪

ちびたまの母:2009/11/13(金) 15:51 | URL | [編集]

にゃあ太郎様様

本当にちびたまの母様のおっしゃるとおりです。

頭が下がる、足を向けて寝れません。


私も同じです。
視力がとてもいいので遠くからすぐ何かあるって思うとそばにすらいけない。


そして多くはただの新聞とか衣類とかの落し物だったりもする・・・。
一緒にいる人に過剰反応だと笑われる。

でも一人の時は泣きながら、
野良猫にした人間をうらみ、または脱走させた飼い主を呪い、自分の情けなさに怒りながら一日ずっとブルーです。
(もしかしたらただの落し物だよってちょっとは思いながら・・・)

愛や優しさって強さでもあるのかもしれない、
いつの日か私もにゃあ太郎さんのようになれるかな???

修行ですね。

その仔は最後に本当に救われたと思う。
きっと虹の橋の向こうで、この事に思いを寄せた私たちを待っていると思う。

そして本当に、にゃあ太郎さんの感じたようにほんの一瞬、その仔フワっと温かくなったのだと思う。


わたしも増々深く深く尊敬しています。

猫達の女神様です。

会社でブログ拝見したので、即効帰ってコメしています。

にゃあ太郎さいつでもどんな時でもありがとう。


タイトル見たとき一瞬ドキっとしました。

シェルターの仔やにゃあ太郎さんの仔に何かあったの?って。

でも猫の命はどの仔でも重さや尊さは同じ、やなり涙してししまいました。

白黒のオセロちゃん?うしちゃん?のご冥福をお祈りします。


あと1週間ですね。

緊張しています。

大切に大切にします。


ではまた

すみません。
感情爆発して長くなってしまいました。













レオミフママ:2009/11/13(金) 20:05 | URL | [編集]

生きている全てのものに優しいにゃ~太郎様、
いつもいつもお疲れ様です。

白黒猫ちゃん、残念でしたが…機械的ではなく
にゃ~太郎様の手の温もりで、ちゃんとひとつの
自分に戻る事が出来たので、きっと天国の入口
まで、たどり着けたことでしょう。 i-228

…結婚して間もない頃、朝、車で出勤した夫が
ニャンコの死骸を乗せ、そのまま戻って来た事を
思い出しました。

人々の視線をあびながら、轢かれたニャンコを
車に乗せる夫の姿を想像して涙しましたが…
今夜も、にゃ~太郎様のその光景が頭に浮かび
涙がこぼれました。 i-227e-263

なかなか行動に出来ない事に挑んで行ける…
そんなひとが私の近くに2人も居る!!
そう思うだけで、とても勇気付けられます。 e-420

悲しいお話でしたが、温かい気持ちになれた
13日の金曜日でした。にゃ~太郎様、ありがとう。

あくび娘:2009/11/14(土) 03:15 | URL | [編集]

その場所は、とても交通量が激しい場所で
ひっきりなしに、車が通ってます。
もう確実に亡くなってるのはわかったのですが
いてもたっても居られず、途中信号が青になったのですが
文句も言われず、待ってて下さった運転手さん達には
感謝でした。
今頃、体も元に戻って虹の橋で走り回ってくれてると良いなぁと
思います。

源之助は、本当に甘ったれさんです。
可愛くて仕方ないのですが♪
てんは、本当に母だと思ってくれてるようで
まるで、人間の赤ちゃんのようです。

にゃー太郎:2009/11/16(月) 08:11 | URL | [編集]

一瞬、フワっと温かくなって
たぶん、医学的にとか色々あるのでしょうが、
私は、なんとなく虹の橋にいったのかな?
と思いました。
家に帰ってから、脱走だけは気をつけなければと
強く思いましたね。
タイトルで心配させてしまいましたね、すみません。

にゃー太郎:2009/11/16(月) 08:41 | URL | [編集]

あの白黒ちゃんが
今頃、安らかでいてくれたらと思います。
あくび娘さんのお宅でも、結婚当初同じ事があったのですか。
その仔もきっと安らかに眠る事が出来たんでしょうね。
野良ちゃんだったのかもしれませんが、脱走には
気をつけましょうね。
自分の子達だったらと思うと、体に振るえが来ます。
もう1度、家の中を確認している所です。

にゃー太郎:2009/11/16(月) 08:51 | URL | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2010/04/04(日) 04:10 | | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。